勉強時間と成果の法則 - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

勉強時間と成果の法則


1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップするのですが・・・

任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な
川村明宏教授の記憶術!

その秘密はこちら↓から!
http://katekyo.main.jp/s/kioku/


今回は

勉強時間と成果の法則
というものについてお話します。


ある人が言いました。

「勉強なんてのは、時間をかけてやってれば
いつかは成果が出るんだよ!」


また別のある人がいいました。

「いくら時間をかけて勉強したって、やり方が
間違ってたら意味がないんだよ!」


この2人の言っている内容を聞いて、

あなたならどちらの意見に賛成しますか?


 
今回お伝えしようとしている法則に

照らし合わせて考えてみると、
この二人の意見はどちらも


「完全に間違ってはいないけれども、

正しく的を得ることもできていない」


といった回答になってしまうかと思います。

では
「勉強時間と成果の法則」とは
いったいどんな法則なのでしょうか?


それは

「ある程度の成果なら
勉強時間さえかければ獲得できるが、
それ以上の成果を望むには
勉強のやり方も必要になる。」
というものです。


つまり、勉強時間がゼロよりは

いくらかでも勉強をした方が当然テストの点数はよくなるが、
ある一定の点数を超えると
ただダラダラ時間をかけて勉強するだけでなく、
その中身も重要になってくるということです。


「ある程度」というところがあいまいな表記になっているのは

そこに個人差が出てしまうからです。


よく、

「勉強のやり方がわからなくてテストで点が取れません。」
という人がいます。


しかし、さらに話を聞いてみると

実は勉強のやり方がわからないという理由で
普段も、テスト前も大して勉強をしていないと
いった事実が判明することがあります。


こういう人の場合はまず

何でもいいからとにかく勉強すること
を心がけねばなりません。


勉強のやり方以前に、勉強の時間を確保することが

先決であるということです。


勉強時間がしっかり確保できるようになれば、

大きくやり方が間違っていなければ
ある程度までは点が取れるはずです。


そして、その状態で頭打ちになったら

そこが勉強の仕方を見直すタイミングだということです。


もちろん最初から効率的な勉強の仕方で

勉強できるのがベストな方法ですが、それを得られるタイミングを
待っていては時間の無駄です。


実際に時間をかけて勉強をしていく中で、

自分のやり方を見つめなおし、試行錯誤しながら
より良い勉強方法を自ら獲得していく。


本当に自分に合った勉強方法は

自分でしか見つけることはできません。
だからこそ、それが見つかるまでは、


ひたすら今の勉強を続けていくこと。

そうすればきっと思ったような成果にもたどり着ける
はずです。


「勉強時間と成果の法則」


ぜひ、ご参考に。
★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。