何かと結びつけて覚える - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

何かと結びつけて覚える

「あなたは“暗記”で
       悩んでいませんか?」

もしこのやり方を試して
『30分で100語』覚えることが
できれなければ、全額返金します!

詳しくはこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/fujimoto/




さて前回は、

勉強していて何か覚えられないものが出てきたとき、
それをイメージで暗記しようとするためには、


【覚えたいもの と 何か を結びつける】


とよい、という話をしました。

 


今回みなさんが普段から行っているであろう


【覚えたいもの と 何か を結びつける】


を例に挙げてみたいと思います。

 


まず、困ったときにみなさんが良く使うのが

『語呂合わせ』
ですね。


これは、覚えたいものと『語呂』を結びつけることによって

覚えやすく、また忘れにくくしたものです。


英単語や歴史の年代、数学や理科の公式など

各科目の語呂合わせに関する参考書も
たくさん出版されています。
 


また語呂合わせに近いものとして、

歌やリズムと結びつけて覚える、ということも
あるかと思います。


これの代表的なものは『九九』です。


2×4=8


を覚えるのに


「2かける4は8」


とそのままやるのではなく


「に(2)に(2)んがし(4)」


と覚えなかったでしょうか?

 
また他にも化学の元素記号を覚えるときに
「水平りーべぼくの・・・」
と覚えた記憶がある人もいるのでは?


これらは単純に1つずつ覚えていくと苦労するようなものを

うまくリズム(音)に乗せて頭に残りやすくした例です。
 
このように


【覚えたいもの と 何か を結びつける】


ということを使い、効果的に覚えようとする工夫は

さまざまな場面で活用されています。
 
ただこれらの『語呂合わせ』やリズムで覚える方法が
どんなときでも使えるか、と言えばそうではありません。
 
では、どんな場面(科目)にも活用できるような
方法はないのでしょうか?
 
実はそんな方法が存在しています。
それも普段からみなさんがやっているであろう簡単な方法です。
 
ただ、普段からやれているはずなのに、
その使い方を間違ってしまっているために
効果が半減、またゼロになっている・・・ということもあります。
 
普段やっていることにちょっとした工夫をするだけで、
記憶の効果が簡単にアップしてしまいます。

次回その方法と効果的な使い方についてお話したいと思います。

★学校では教えてくれない勉強のコツが学べる!
テストで点数アップ者続出中の無料メルマガ登録はこちらから!

★定期テストで点を取る秘訣はこちらから!



★今回の記事が少しでも参考になれば★
★1クリックお願いします!★





<PR>

たった1日6分で記憶力アップ!世界一の記憶術
あなたの勉強法は間違っていませんか?成績アップ保証つき!



勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。