TOEICスコアが伸び悩んでいる人のための勉強法 - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

TOEICスコアが伸び悩んでいる人のための勉強法


TOEICのスコアが伸び悩んでいる人に朗報です。
以下、TORICでスコアアップを実現した勉強法を公開してくれる
熊沢さんからのお手紙です。


TOEICで伸び悩んでいる人のほとんどが犯している致命的な
失敗があるのをご存知ですか?

その失敗さえ犯さなければ、誰でもほんの短期間の努力で、
大幅なスコアアップが見込めるのです。

申し遅れましたが、私は熊沢といいます。

TOEICの満点講師ではありませんが、TOEIC600点の方を
1か月で800点にするというただ一点においては、
日本一であると自負しています。

あなたがブランドだけを求めるなら
どこぞの人気講師の講座を受ければいいでしょう。

でももしあなたが結果だけを純粋に求めるのであれば、
もう試験まで1月しかないとしてもあきらめる必要はありません。

私のノウハウは1か月間徹底的に詰め込みを行うだけの
根性試しのようなものではありません。
また英語力とは何ら無関係のただの小手先のテクニックでももちろんありません。

無駄を最大限省いた、最短距離の勉強法です。

多くの人は本当はする必要のないことに大量の時間を費やしているため、
まさに600点が一つのおおきな壁になっているのです。

かくいう私もTOEIC初受験は570点でした。
ほぼ日本人平均スコアでしたので、初受験にしては上出来かと喜んでいました。

しかし、数か月後の2度目の受験。
しっかりと対策はしたつもりでした。
それでもスコアは635点。

毎日数時間勉強し続けていたにも関わらず、です。

本当は少なくとも100点は伸びる、
うまくいけば700点が取れると思っていました。

でも間違った戦略により、努力は報われませんでした。
少しずつでも伸びているのだからいいのではないかと
おっしゃるかもしれませんが、
もうどうすればこれ以上スコアが伸びるのかと、
大袈裟にいうと壁にぶち当たってしまったのです。


いろいろ試行錯誤するなかで、
わたしはある4つの戦略に気づきました。
これまで誰も教えてくれていない、且つ効果が出やすい戦略です。

そして、635点をとって成績表を見ながら落胆していたその約1か月の試験当日。

私はいまだかつてない手ごたえを感じて帰路につきました。

結果は830点でした。

今回この手紙の続きで、わたしが発見した4つの戦略について
お話したいと思います

>>Toeicで一気に200点アップした4つの戦略<<


本日は以上です。

(※商品に関するご質問は販売者に直接お願いいたします。)


この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。