英単語暗記のコツ(5)〜五感とイメージをチャンク化する〜 - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

英単語暗記のコツ(5)〜五感とイメージをチャンク化する〜



◇任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な川村明宏教授の本です!

実は1日7分○○するだけで記憶力が大幅にアップするのですが・・・


その秘密はこちら↓から!


http://www.infotop.jp/click.php?aid=203627&iid=27889



あなたに合計50以上のやる気を引き出すコツを伝授!

東大家庭教師が教える「やる気を引き出す方法」とは?

期間限定【無料】公開中!

http://123direct.info/tracking/af/379157/6OCmjHtf/



数回にわたって


『英語の単語を暗記するコツ』


についてお話をしています。


中にはすでに知っているという内容もあるかと

思いますが、参考になるものがあれば
是非活用してみてください。
 


前回は


『単語の意味を五感+イメージとチャンク化する。』


というものでした。


今回はこのやり方における

覚えるとき、思い出すとき、のそれぞれのコツ
についてお話したいと思います。



まず覚えるときのコツですが、これは


『できるだけ大げさに or 非現実的にイメージする。』


です。


例えば大学受験に出てくる単語に、


"sufficient" 


という単語があります。

この単語は 「十分な」 という意味ですが、
こんな単語であればどうイメージするかを考えてみます。
 
先ほどの
『できるだけ大げさに or 非現実的にイメージする。』
というのを考えつつイメージ作りをするのですが、
この単語であれば・・・
 
食べても食べても次々出てくる『わんこそば』。
おなかいっぱいでもういいよ!って言ってるのに
次から次からどんどん出てきて本当にもう十分・・・
 
などという場面をイメージしてみてください。


"sufficient" を発音しながら、

「十分な」という意味を覚えようとしながら、
先ほどの情景をしっかりイメージとして頭に焼き付けます。


ここではなるべくリアルに、まさに自分が経験したかの

ごとくイメージしてみてください。
本当におなかがいっぱいで、もう勘弁してほしかった・・・
という感じでしょうか。


"sufficient" という単語が出てきたら、

先ほどのイメージが思い浮かぶという状態まで持っていきます。


このようにして、単語とその単語が持つ意味のイメージを

強く結びつけて覚えます。


なお今回は少しだけストーリーっぽくして覚えようと

しましたが、もっと簡単に単語のイメージだけで覚えてもOKです。
 
では、そのようにして覚えた単語を思い出すときのコツとは
どういうものなのか?


少し長くなりましたので次回に続けます。



定期テストでいい点を取りたい人はこちら!


テストの点が取れるようになる7つの秘訣【プレゼント】



★ランキング参加してます。★

★清き一票(クリック)をお願いします!★
        
banner_02.gif にほんブログ村 教育ブログへ


役立つ勉強法満載のメルマガはこちらから登録できます!

『学校では教えてくれない勉強法』(まぐまぐ)
http://archive.mag2.com/0000207645/index.html



勉強学習サイト人気ランキング>中学学習人気ランキング

◇キーワード
勉強法,勉強,暗記,勉強方,勉強のコツ,暗記のコツ,定期テスト,集中力,やる気,
勉強方法,勉強の仕方,勉強のやり方,中学生,高校生,学習,受験,入試

勉強法.com TOPページへ



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。