受験合格と速読を用いた勉強法 - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

受験合格と速読を用いた勉強法


今回は

『受験合格と速読を用いた勉強法』

というお話をしたいと思います。


このタイトルを見ただけでも、勘のいい人は気づくと思いますが、
受験合格のために『速読』は不可欠なスキルと言えます。

速読とは読んで字のごとく、速く読むこと。

でも、単に速く読むだけ読んでも中身が理解できていなければ
意味はありませんよね。


これからお伝えする『速読法』は、

1.速く読めて
2.中身もしっかり覚えている

というものになります。


そもそもなぜ速読が受験合格に必要なのか?

テストでは沢山の問題が出題されますよね?
そしてそれを制限時間内にこなさないといけない。
できることなら見直しもしたい。

そうなるとどうしても速読というスキルが必要になってくるわけです。


「速読で速く読めても解くスピードは変わらないんじゃないか?」
そんな疑問もあるかも知れません。

実は速読は速く読むのと同時に脳の処理速度もアップしているのです。
そしてそれは考えたり、思い出したりする速度をアップさせることにも
つながっています。

ですから結局は速読をすることで、速く読めて、且つ
速く解けるということになるわけですね。



ちなみにですが、
1分間に読める文字数をカウントしたときに、
普通の人なら400〜600字くらいを読むことができます。

それに対して
東大や京大に合格できる人たちの平均を見ると。
1分間に1000〜2000字も読めているのです。

またそういう東大や京大でトップクラスの人になると
1分間に2000〜3000字も読めるという統計があります。



このデータから
速読ができることと、学力が高いことは
とても大きな関係性があるということがわかります。


速く読めるということは、短時間でたくさんの文字を見ることができます。
そうすると、勉強にかける時間をぐっと短縮できますね。
逆に同じ時間勉強すれば普通に読んでいる人の何倍もの量を
こなすことができるということにもなります。


つまり速読は、テスト本番で問題を速く読んで解くということだけではなく、
普段の学習効率アップにも非常に効果的だと言うことができます。


個人的には、なぜこんな大切なスキルを
中学校や高校でおしえないのかが不思議でなりません。


でも、そんな時代だからこそ、
速読を身に着けた人が勝ち組になれる可能性が高いわけです。


とはいえ、

「速読が受験にいいのはわかったけど、マスターするのは
難しいんじゃないの?」

という声も聞こえてきそうです。


速読をマスターするにはトレーニングが必要です。


でも、そのトレーニング自体はとても簡単で、小学生でも
できてしまいます。

あとはそれを継続してやり続けることができるかどうか、です。

例えばですが、
普段勉強する前にほんの少しだけ速読のトレーニングを取り入れる、
というのでも十分にマスターできます。


速く読めるスピードには個人差がありますが、
1,2週間もトレーニングを続ければ、誰でもすぐに
これまでの2倍〜3倍では読めるようになるでしょう。


そんな速読法に関してアメリカで特許をとった方法が
現在無料で公開されています。


これから受験を意識して勉強していく人にとっては
合格するために必須のスキルです。

この機会にぜひ確認してみてください。


↓脅威の速読法はこちらからごらんになれます。
http://directlink.jp/tracking/af/634035/Pr7B8fwE/
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。