定期テストで点が取れないのはなぜか? - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

定期テストで点が取れないのはなぜか?




★ブログランキング参加してます!★
★読む前にワンクリックお願いします!★



教育・学校 ブログランキングへ

==============================


今日のテーマは

【なぜ定期テストで点が取れないのか?】
です。
 
その原因はいくつかあると思います。
 

がんばっているのに点が取れないA君。
がんばりが足りなくて点が取れないB君。

 
この二人の点が取れない原因は別のものですよね?
 

A君のようにがんばっているのに点が取れないなら、
そのやり方に原因があるのでしょう。

対して、B君のように、がんばりが足りなくて点が取れないのであれば、
勉強量の不足が一番の原因となってくると思います。

 

このように定期テストで点が取れない原因は、
その人の勉強の取り組み方によって異なっているわけです。

 

ただ、どんな勉強の取り組み方の人であっても
共通している原因というのが存在します。

 
定期テストで点が取れない人に共通するその原因とは、


『暗記不足』


です。

 

範囲が決まっている定期テストで点を取るために
一番手っ取り早い方法は、

『テスト範囲の内容を全て暗記すること』
です。
 

それができればテストで点が取れるというのは
誰もがわかっていますよね?


でも、そうだとわかっているのに、本気で覚えようとしない、
途中であきらめてしまう。

それが点が取れない原因となっています。
 

先ほどのA君とB君の例では、
A君はやり方、B君は勉強量の不足が原因だと書きました。

そのような原因の結果どうなるかというと、
結局はテストに出ることを覚えられていない状態で
テストに向かってしまっているわけです。


やり方を変えたり、時間をかけたりして、
とにかくテスト範囲の内容を覚えないと点にはつながりません。

 
こういう風に暗記、暗記という言い方をすると、
「でも、数学は解き方を理解しておかなければならないし…」
と言う人が出て来ます。
 
もちろんそういう「解き方の理解」も大切です。
 

じゃあ一度理解できればそれでOKか?
と言われると、それもまた違いますよね。

 

解き方を理解できたなら、
その理解できた解き方を覚えておかなければなりません。

いくら一度は理解したと言っても、
それを忘れてしまっては点にはつながりませんから。


そういう意味では数学のテスト勉強もほぼ暗記だと言う事ができます。


定期テストの数学であれば、
テスト範囲になっているところの教科書の問題や、
副教材として配布されている問題集に載っている問題を
全て暗記しておけば、ある程度の得点まではいけるはずです。

 

定期テストで点を取りたいなら覚えるべきことを覚える。
これだけです。

点が取れないのは覚えてないだけ。
その努力が不足しているだけです。


まずは覚えるべき内容がどれくらいあるのか、
全体像を把握してから、
計画的に暗記をすすめていきましょう。



⇒もっと勉強のコツを知るための
メルマガ登録はこちらから!


★ランキング参加してます!★
★応援クリックお願いします!




勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。