わかったのにわかってない? 〜わかったつもり〜 - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

わかったのにわかってない? 〜わかったつもり〜



今回は

『わかったのにわかってない』

というテーマでお話をします。



勉強ができるようになるには、


わからない ⇒ わかる


という流れが絶対に必要です。



そして、勉強が苦手な人というのは、
この流れが上手に作れていないことが
多いわけです。



良くあるのは、


わからない ⇒ わかったつもり


というケースですね。
実はこれが一番やっかいです。


なぜやっかいなのか?


それは、やっている本人が
「わかったつもり」だと気づけていない
ことが多いからです。

そして、この状態ではいくらやっても
テストで点が取れるようにならないため、

「がんばってるのに点が上がらない…」

と、どんどん自信を失ってしまいます。



そうならないためにも、勉強をするとき
には、正しく


わからない ⇒ わかる


という流れが作れているかを確認しながら
進めることが大切になります。



じゃあ、具体的にはどのようにすればいい
のか?



例えばですが、何かの問題集を解いていて
1問間違えたとしましょう。

答えや解説を見て、それで直して終わり、
という人もいると思いますが、それだと

「わかったつもり」

の状態かもしれません。


ここでやってほしいことは、間違えた問題
の解き方や考え方を誰かに解説してみる
ことです。


・その問題を解くときのポイントは?
・その問題を解くのに必要な知識は?


などを、誰かに解説できる状態になって
いれば、それは


「わかる」


状態だといえます。



もちろん間違えた問題全てを誰かに解説
するのも手間がかかると思いますし、
それを聞いてくれる人も周りですぐに
見つからないかも知れません。



ですから、実際に誰かに解説をするという
ことじゃなくても、例えば、


・自分の1学年下の後輩
・自分より勉強が苦手な友だち


などに勉強を教えるつもりで、ブツブツ
その場で言ってみるのもいいと思います。



そういう他人に対して説明ができるレベル
までいけてない問題は、おそらくわかった
つもりで止まってしまっている可能性が
高いですから、学校の先生や塾の先生など
に質問に行って、しっかり理解できるよう
にしておきましょう。


「わかったつもり」


で終わらない勉強を心がけてください。


★学校では教えてくれない勉強のコツが学べる!
テストで点数アップ者続出中の無料メルマガ登録はこちらから!

★定期テストで点を取る秘訣はこちらから!



★今回の記事が少しでも参考になれば★
★1クリックお願いします!★





<PR>

たった1日6分で記憶力アップ!世界一の記憶術
あなたの勉強法は間違っていませんか?成績アップ保証つき!



勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。