お手伝いをできる子は勉強も出来る - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

お手伝いをできる子は勉強も出来る


今回は

『お手伝いをできる子は勉強もできる』

というテーマでお話をします。



お手伝いと勉強。

まったく関係のない2つに思えますが
実はそこには不思議なつながりがあります。



家庭でよくお手伝いをする子。


その子はおそらく親思いの優しい子です。
そして、親に喜んで欲しい、親からほめら
れたい、認められたいという気持ちを
持っている子です。


こういう気持ちは勉強にも関係をしてきま
す。


勉強はなんのためにするのか?


もちろん、高校や大学に合格するためで
あったり、その先の将来の就職につなげる
ためであったり、結果的に自分のこれから
のためであることは間違いありません。


しかしながら、上記のようにお手伝いを
よくしている子は、少なからず

・親に安心してもらうため
・親に喜んでもらうため
・親にほめてもらうため

という気持ちも持っていることが多いです。



こういう気持ち、すなわち『誰かのために』
という気持ちで勉強できる子は、ちょっと
やそっとではあきらめず、根気強く勉強
できる子が多いように思います。



自分のことしか考えていない場合は、
自分は別に高校どこでもいいし、
大学なんて行きたくないし…
という感じで、勉強に対して前向きになれ
ないこともありますが、

誰かのためにという気持ちがある場合は、
その人のために少しでもいいところへ…
という気持ちにつながりやすいようです。



もちろん家でよく手伝いをする子みんなに
当てはまるケースではないと思いますが、
これまでたくさんの生徒さんを見てきた
感じでは、あながちまちがってもいない
かなと思います。



これを踏まえると・・・



もし、今勉強に対してやる気が出てこない
という人は、少し家の手伝いをやってみて
はどうでしょうか?

今まで何もやらなかった子がいきなり
手伝いをしようとなると、親のほうも
びっくりするかも知れないですが、
そんな親の喜ぶ顔を見れれば、
少しは勉強しようという気にもつながって
行くかもしれません。



勉強するのは自分のためです。
でも、誰かのためでもあるのです。


親だけではなく、
応援してくれる祖父母のため、塾の先生の
ため、下の兄弟たちのため・・・

自分が今勉強することは誰に喜んでもらえ
るものなのか。

それを考えながらの勉強もいつもとは違う
感じで面白いのではないでしょうか。


★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

㐱㘰


この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。