勉強ができるようになる習慣 - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

勉強ができるようになる大事な習慣


『こんなに簡単に暗記ができていいの??』

任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な川村明宏教授の本です!
実は1日7分○○するだけで記憶力が大幅にアップするのですが・・・


その秘密はこちら↓から!
http://bit.ly/16Qx80k


==============================

★ブログランキング参加してます!★
★読む前にワンクリックお願いします!★



教育・学校 ブログランキングへ

==============================




今日はタイトル通り、


『勉強ができるようになる大事な習慣』


というお話をします。

 


勉強ができるようになるために身につけて欲しい

(心がけて欲しい)習慣は、


「今すぐ覚えよう!」


とすることです。

 
何か覚えることが出てきたときに、


「あとで覚えよう」


としてしまう人も多いと思います。

でも、なるべくこれをやめて、その場ですぐに覚えてしまう
気持ちで勉強して欲しいのです。



もちろんそのとき完全に覚え切れなくてもいいです。

ただ、まず最初の覚えるという作業を、覚えるべき対象に出会った
瞬間にやって欲しいと思います。
 


今まで

「あとで覚えよう」
としていたのを、
「今覚えて、あとで復習しよう」
というふうに変えてみてください。
 
そして、そういう習慣を身につけて、
覚えるべき対象が出てきたときに意識を向けれるようにしておくことは、
ある場面で非常に役立つんです。
結果、それによりテストでも点数が取りやすくなります。


さて、ではどんな場面で役立つのでしょうか?

 

続きは次回お話します。

★学校では教えてくれない勉強のコツが学べる!
テストで点数アップ者続出中の無料メルマガ登録はこちらから!


★ランキング参加してます!★
★応援クリックお願いします!





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ


勉強ができるようになる大事な習慣(2)




前回より


『勉強ができるようになる大事な習慣』


というお話をしています。

 
勉強ができるようになるために身につけて欲しい
(心がけて欲しい)習慣は、


「今すぐ覚えよう!」


とすることであるというお話をしました。


そして、そういう習慣を身につけて、

覚えるべき対象が出てきたときに意識を向けれるようにしておくことは、
ある場面で非常に役立ち、その結果テストでも点が取れるように
なるのですが・・・


さて、ではどんな場面で役立つのでしょうか?

 
答えは


『学校の授業中』


です。

 
学校の授業で学習したり、先生が話したことを
その場で覚えてしまおうと意識することは、
定期テストにも直結する非常に大事なポイントとなります。
 
授業中は何となくノートを取りながらすごして、
テスト前にそのノートを見ながら覚える、
という勉強の仕方をする人も多いと思いますが、
後回しにしてしまうことで、テスト前の負担が大きくなって
しまいます。


また、覚えようと意識せずに聞いているので、あとでノートを

見ても書いていることがチンプンカンプンとなってしまう場合も。



前回の繰り返しになりますが、

何も本当に授業中に全てを覚えてしまおうと言っているわけでは
ありません。
覚えようと意識をして授業を受けてください、ということです。


そういうちょっとした意識の差が、

記憶の量を増やすことにつながり、
またテスト前の負担を減らすことにもつながります。
もちろんテストの結果にも反映されるでしょう。
 
ただやはり大量に覚えなければならないことがあるときは
どうしても後回しになってしまいますよね。


そんなとき、ただ単に後回しとしてしまうだけではなく、

ここでも1つ心がけて欲しい習慣がありますので、

それについてはまた次回にお話したいと思います。

★学校では教えてくれない勉強のコツが学べる!
テストで点数アップ者続出中の無料メルマガ登録はこちらから!


★ランキング参加してます!★
★応援クリックお願いします!





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ


勉強ができるようになる大事な習慣(3)



前々回より


『勉強ができるようになる大事な習慣』


というお話をしています。

 


勉強ができるようになるために身につけて欲しい

(心がけて欲しい)習慣は、


「今すぐ覚えよう!」


とすることであるというお話をしました。

 


ただやはり大量に覚えなければならないことがあるときは

どうしても後回しになってしまう場合もあるかと思います。


今回はそんなときに心がけるようにして欲しい習慣がありますので、

それについてお話したいと思います。
 


後回しにするときに心がけてほしいこととは、


【次にやる日時を決めること。】


です。

 
ただ単に後回し、としてしまうのではなくて、
今できないなら、じゃあいつのタイミングでやるのか?
というのを後回しした段階で決めてしまうということです。
そして出来る限りそれを紙に書いておきましょう。
 
そうしておかないと後回しにしたこと自体を忘れてしまったり、
延々と後回しの繰り返しになってしまったりします。
 
ちなみに後回しにされやすい勉強内容は、
『重要だけど時間がかかること』
であることが多いようです。


結果的にはやらなきゃダメなものだけど

完成までに時間がかかって大変なのが分かっているので
なかなか手をつけることができないでいる・・・といった感じでしょうか。


きちんとやる日を決めずにいると、

やるタイミングを逃して、不十分にしかできないで終わってしまう
可能性が出てきてしまいます。


そうなって後から後悔しないようにするためにも、


【後回し=次やる日時を決める】


を習慣化するようにしてください。

★学校では教えてくれない勉強のコツが学べる!
テストで点数アップ者続出中の無料メルマガ登録はこちらから!


★ランキング参加してます!★
★応援クリックお願いします!








勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。