勉強法全般 (2) - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

「復習タイム」の絶大な効果


今回は前回の続きです。


(前回記事:勉強効果10倍!?上手な1時間の使い方


「復習タイム」を早いタイミングで行う意味と
その効果についてのお話です。


まず1つ目は、
そこまでに勉強したことが本当に身についているのか
確認するため、です。


たとえば暗記系に取り組んでいたのであれば、
本当にきちんと覚えられているかどうかを
チェックするイメージです。


さっきやったところだし・・・
と油断をしていると、思っていた以上に忘れていることに
気づくと思います。


身についているかどうかの確認 
とは
忘れしまっているところの発見
という意味でもあります。


ここで忘れてしまっていることに気づけないと
自分では身についていると錯覚したまま先へ進む
ことになってしまいます。


当然ここで忘れてしまっていると気がつけば
すぐに覚えなおせばいいわけです。


このタイミングで覚えなおせば、一度覚えた直後ですので、
すっと頭にも入りやすくなっていると思いますが
しばらくたってから気づいたのでは、
また最初から覚えなおすのと同じ様な状態になってしまい
非常に効率が悪いことがお分かりいただけるかと思います。


そして2つ目は
忘れにくくするためです。


人間の脳は、何度も出会う情報を重要な情報だと
認識し、脳内にとどめておこうとしてくれます。


つまり、時間がたって忘れてしまう前に
もう一度復習で同じ知識に触れておけば、
その先忘れてしまう可能性を軽減することができる
というわけです。


せっかく覚えても忘れてしまっては意味がありません。
ですから、忘れにくくするための勉強の仕方も
非常に重要です。


そういう意味で早いタイミングの「復習タイム」は
忘れたころに復習
ではなく
忘れる前に復習
ということを実践するための時間でもあると
言うことができます。


以上、「復習タイム」の意味や効果については
理解していただけたでしょうか?


これをやる・やらないの差は非常に大きいです。
ぜひ実践してみてください。


★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

現代風の勉強スタイル

1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップするのですが・・・

任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な
川村明宏教授の記憶術!

その秘密はこちら↓から!
http://katekyo.main.jp/s/kioku/

今も昔も
勉強のやり方の「基本」については
それほど大きく変わっていません。


しかしながら、時代とともに勉強の
ために使う「ツール」は大きく変化を
してきました。


ほんの数年前まで勉強道具といえば

「ペンと教科書(参考書)とノート」

以外何もなかったわけですが、ここ
最近になって、そのどれも使わない
勉強スタイルというものも増えて
きました。


例えば

「パソコン(インターネット)」

を使った勉強。


インターネットを通して自宅で予備校
講師の授業が受けられる、といった
ものがこのごろは流行っているよう
です。

普通に塾に行ったり、家庭教師を
雇ったりするのより格安で受けられる
というのも魅力だとか。


またそういったパソコン以外でも


「携帯ゲーム機」


を用いた勉強をしている人もいるよう
です。


様々なソフトが発売されていますが、
中でも人気なのは英単語を覚えるもの
だそうです。



このように『現代風の勉強スタイル』
がいろいろ生まれてきているわけです
が、実際そればかりでは十分とは言え
ません。


その理由は

「テストの形式自体は昔と同じだから」

です。


昔ながらのテストの形式とは

「ペーパー試験」

ですね。


これだけ科学が発達した世の中にあっ
ても、テストはなぜか紙を使って
行われ続けています。


現代風の勉強方法は、パソコンやゲー
ム機の中ですべて終えてしまうため、
紙を使うことがありません。


結果的にそればかりに頼ってしまうと
紙に書く訓練がどうしても不足して
しまうというわけです。


ですから、上記のような現代風の勉強
スタイルでの勉強はこれまでの勉強
スタイルの補助的役割くらいのイメー
ジで考えておくのがよいでしょう。


そして実は、上記にもまして、勉強の
補助的役割として最適な現代アイテム
があるのですが・・・

もうお分かりでしょうか?


次回はそのアイテムを用いた効果的な
勉強法についてお話をします。

★学校では教えてくれない勉強のコツが学べる!
テストで点数アップ者続出中の無料メルマガ登録はこちらから!

★定期テストで点を取る秘訣はこちらから!



★今回の記事が少しでも参考になれば★
★1クリックお願いします!★





<PR>

たった1日6分で記憶力アップ!世界一の記憶術
あなたの勉強法は間違っていませんか?成績アップ保証つき!



勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ



現代風の勉強スタイル(2)


定期テストで点を取る勉強法を
今すぐ知りたい!

そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/


前回の続きです。


最近は
「パソコン(インターネット)」
「携帯ゲーム機」
などを使った


『現代風の勉強スタイル』


がいろいろ生まれてきているわけです
が、そんな中でも特にお勧めしたい
「あるモノ」を用いた勉強方法につい
てお話したいと思います。


その「あるモノ」とは

   ↓
  
   ↓
  
   ↓
  
   ↓
  
   ↓
  
   ↓
  
   ↓
  
   ↓
『携帯電話』(スマホ)です。


普段は友達とのメールのしすぎで
いつも親から怒られてばかり・・・
という人も多いのでは?


そんな人も今日から上手に携帯電話を
使った勉強を始めてみましょう。


さて、では実際にその使い方について
の説明ですが、今回は2パターンの
使用法をお話します。

どちらも
『暗記』
の手助けとなる方法です。


まず一つ目は
「Myメール活用法」
です。


これは、きちんと覚えておきたい、
後で復習したいと思うものを
「自分宛に」メールしておく、という
ものです。


自分から届いたメールのみをうまく
フォルダわけしておけばそのメール
を見て一気に復習ができますね。


ちょっとした待ち時間などにパッと
見れますので復習効果としては絶大で
す。


メールではなく「メモ帳」を利用する
という手もありますので自分の好きな
方でよいかと思います。



そしてもう一つは
「Myボイス活用法」
です。


今度はメールではなく、自分の声を
録音する機能を使った方法です。


これを特に活用してほしいのは
『英単語』
の暗記をしたいときですね。


メールで打とうとすると、いちいち
日本語と英語の切り替えをしないと
ダメなので入力するのに苦労してしま
います。


声で録音しておけば入力の手間は
省けますし、正しい発音を意識して
吹き込んでおけば発音・アクセント
にも強くなれます。


もちろん単語だけではなく、覚えたい
ものは何でも声で吹き込んでおいて、
移動中などにイヤホンで聞く、という
のも効果的です。



昔は、自分の声をカセットテープに
吹き込んでそれを聞いて復習する、
なんて方法がありました。

最近はそういうことをしている人も
少なくなったようですね。

ぜひ携帯電話(スマホ)も勉強のため
に有効活用してください。

★学校では教えてくれない勉強のコツが学べる!
テストで点数アップ者続出中の無料メルマガ登録はこちらから!

★定期テストで点を取る秘訣はこちらから!



★今回の記事が少しでも参考になれば★
★1クリックお願いします!★





<PR>

たった1日6分で記憶力アップ!世界一の記憶術
あなたの勉強法は間違っていませんか?成績アップ保証つき!



勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ




がんばるから挫折する。


もうすでに大学の推薦入試は結果も出始めた頃ですが、

これから本格的に、中学入試や高校入試も含めた


『受験シーズン』


に突入しますね。



受験する本人よりも、

家族や塾の先生など、
まわりの人たちの方がピリピリしている…
なんて時期でもあります。


そんなプレッシャーの中、


夏休みもあんなにがんばったのに・・・
毎日塾に来てがんばってるのに・・・
あいつにだけは負けたくないのに・・・


など、努力しているのに報われない、

でも努力し続けるしかない、というジレンマで情緒不安定になり、
全く勉強が手につかなくなってしまう人も出てきます。


いわゆる

『スランプ』
の状態ですね。


この時期は、そういうスランプ状態から

いかにうまく抜け出せるか、ということも
入試で合格を勝ち取るための非常に重要な鍵となります。


一番簡単なスランプ脱出方法は、


『がんばることをやめること』


です。



合格するためにがんばることは必要です。


ただ、『過ぎたるは及ばざるが如し』と言うように

がんばりすぎは逆効果になってしまいます。


がんばりすぎた状態、つまりスランプの状態で

いくら勉強を続けても、十分な成果は期待できません。


脳が必要以上に緊張しているため、普通に勉強していて

頭に入ってくることも、全く頭に入ってこないという
状態になってしまっています。


がんばれば、がんばるだけ、その状態がループし、

最終的には挫折してしまう・・・となるわけです。


(※勉強できる脳についてはまたの機会にお話します)



過度のがんばり状態を少しでも和らげてあげることができれば、

スランプからも脱出しやすくなります。


さて、ではがんばり状態を少しでも和らげるためにできる

こととはいったいどんなことなのでしょうか?



続きは次回お話したいと思います。



★ランキング参加してます!★

★↓↓↓を1日1クリックお願いします!

banner_02.gif  にほんブログ村 教育ブログへ blogram投票ボタン

勉強法.com 〜正しい勉強法暗記のコツ TOPページへ

ブログパーツ 無料.com
勉強・学習サイト人気ランキング>中学学習人気ランキング 続きを読む

スランプから脱出する方法


受験を目前に控えたこの時期、いわゆる

『スランプ状態』になってしまう人が多い時期でもありますが、
そこからいかにうまく抜け出せるか、ということは
入試で合格を勝ち取るための非常に重要な鍵となります。



一番簡単なスランプ脱出方法は、

『がんばることをやめること』
です。


合格するためにがんばることは必要です。

ただ、『過ぎたるは及ばざるが如し』と言うように
がんばりすぎは逆効果になってしまいます。
がんばりすぎた状態、つまりスランプの状態で
いくら勉強を続けても、十分な成果は期待できません。



脳が必要以上に緊張しているため、普通に勉強していて

頭に入ってくることも、全く頭に入ってこないという
状態になってしまっています。


がんばれば、がんばるだけ、その状態がループし、

最終的には挫折してしまう・・・となるわけです。


過度のがんばり状態を少しでも和らげてあげることができれば、

スランプからも脱出しやすくなります。


今回はそんながんばり状態の和らげ方についてお話します。



これまでいろいろ試してみたなかで

最も効果があったのは、


『目標を再設定すること』


でした。



がんばりすぎの状態というのは、

必要以上に高い目標を目指すことによって生じる現象です。


ですから、

その子にとって高すぎる目標を少し下げて再設定してあげることにより、
気持ちを楽にさせてあげるということです。


ただしこれは、志望校を下げなさいと言っているわけでは

ありません。


ここで再設定しなおす目標とは

学習内容、もしくは学習量に関する目標です。



例えば、


「この難問を完璧に理解できるようにならなければならない・・・」

「1日でこの問題集を○ページしなければならない・・・」


といった目の前に立ちはだかる学習目標に対して

目指す基準を少し下げてあげます。


『○○しなければならない』


ではなく


『□□だけはやっておこう』


というイメージですね。



このように目指すハードルが低くなると

逆に不安になってしまうという人もいるかも知れませんが、
低いハードルだと『越えられる』実感を再認識できます。


いつまでも越えられないハードルを前にして

足踏みをしているくらいなら、
ちょっとずつでもハードルを越えながら
前に進んで行けるほうがよいと思いませんか?


そしてそのようにしながら、

前進していく勢いが回復してきたら、
再び高いハードル設定に戻せばいいだけのことです。


スランプになって一番問題なのは、

その段階で学習がストップしてしまうことです。


いくら優秀な人でも、

やらなければ忘れます。問題を解く『勘』も衰えます。
それが人間の脳の仕組みですから
仕方がありません。


ですから、スランプ状態になってしまったと感じたときに

一番意識をしてほしいことは、


【少しでもいいから前に進み続けること】


ということになります。



それまでの努力を未来の合格へつなぎ続けるためにも

欲張らず、前へ進み続けるということを心がけてください。
そうしていくうちに、自然とその状態から
抜け出せると思います。


是非、参考になさってください。


★ランキング参加してます!★
★↓↓↓クリックにご協力お願いします!

banner_02.gif  にほんブログ村 教育ブログへ blogram投票ボタン

勉強法.com 〜正しい勉強法暗記のコツ TOPページへ

ブログパーツ 無料.com

勉強・学習サイト人気ランキング>中学学習人気ランキング


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。