暗記のコツ - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

暗記のコツ(イメージ化)

1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップするのですが・・・

任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な
川村明宏教授の記憶術!

その秘密はこちら↓から!
http://katekyo.main.jp/s/kioku/


暗記しようとしてもなかなか暗記でき
ないものがあると思います。

そんなときに意識してほしいことを
書きたいと思います。。



何かを覚えようとするときは、できる
限り


イメージ化


してみること暗記のがコツです。
それもなるべく派手&大げさに。



イメージは非常に頭に残りやすいの
です。


例えば、あるとき道を歩いていて、
目の前に隕石が落ちてきたら・・・

恐らく一生忘れないと思います。


なぜなら、それだけその場面が強く
イメージとして頭に残ってるからです。



こういうイメージを用いた暗記法と
いうのは実は『右脳』を上手に用いた
暗記だとも言えます。


なんと右脳は左脳の100万倍以上
もの記憶量をほこると言われているん
です。


具体例についてはまたの機会に書きま
すが、とにかく今回は


「暗記はイメージすることが大事!」


とだけ覚えておいてください。


★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

暗記のコツ(英単語編1) 〜語源を知る〜

1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップするのですが・・・

任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な
川村明宏教授の記憶術!

その秘密はこちら↓から!
http://katekyo.main.jp/s/kioku/


今回から数回に渡って、暗記で苦労
するもの、おそらくNO.1の『英単語』
の暗記のコツについて書きます。


ちなみに今回取り上げる英単語暗記法
はどちらかというと高校生向きです。

中学生の方は「へ〜」という感じで
ごらんになってください。



英単語、とくに基本的な単語の覚え方
のひとつに

語源

で覚えるという方法があります。
一般的によく言われている方法では
ありますがよく分からないという人の
ために説明しますね。


多くの単語には『語源』というものが
存在します。


少し言い方を変えるなら

「単語の持つ元々のイメージ」

といったところでしょうか?


例えば中学生でもよく知っている
“GET”という単語。

辞書なんかでこの単語を細かく調べて
みると20を超える訳があることに
気づきます。


学校の予習ということで英文を訳して
来いと言われ、意味の分からない単語
を辞書で調べたらたくさんの意味が
載っていて余計わけがわからなくなっ
た・・・

こんな経験ありませんか?


先ほどの“GET”と同じように辞書で
調べるといろんな意味がたくさん載っ
ている単語は山ほど存在します。

果たして外国人はこれらの意味を全て
覚えているのか?


もちろん答えはNOです。


辞書に載っているような単語の意味は
その辞書の作成者が、日本の英語学習
者が理解しやすいようにと、単語が
持つ元々イメージを参考に、無理やり
日本語訳を当てはめていったものです。


ですから、その単語の元々のイメージ
である『語源』というものを理解して
おけば、ある程度自分で日本語訳が
作れることにもなるわけですね。


ちょっと話が難しいでしょうか?


具体的な語源→日本語訳については
次回お話ししたいと思います。


★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

暗記のコツ(英単語編A〜語源から日本語訳をイメージする〜)


語源で覚えるのがよい、と前回書きま
した。


例えば超基本単語の”GET”。



辞書で引くとさまざまな意味が出て
きますが、この単語の語源、すなわち
元々の単語の持つイメージは

「ある状態に達する」

というものです。


自分の手が目の前の本の位置に達する
ということをイメージしてみてくださ
い。これで自分は目の前の本を「手に
入れる」ことになったはずです。


ある状態に達する→手に入れる 
という意味に訳されるのも納得ですよ
ね。


他に、「病気になる」なんてときにも

“get sick”

という言い方をしますが、これも上記
と同様に、病気の状態に達するという
ことががイメージできるのであれば
そのような訳になる理由が分かります
ね。


このようにいろんな意味を持つ基本単
語は、そのもともとの単語が持つイメ
ージを理解しておくことで、前後の文
脈から大体の訳を想像することができ
ます。


次回も語源についてもう少し話を続け
たいと思います。


★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

暗記のコツ(英単語編B〜接頭語とは?〜)

1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップするのですが・・・

任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な
川村明宏教授の記憶術!

その秘密はこちら↓から!
http://katekyo.main.jp/s/kioku/



語源についての続きです。

単語を覚えるうえで役に立つ語源。

その語源とも関係が深く、単語の持つ
元々の意味(イメージ)を理解する上で
知っておくと便利なものがあります。


それが

『接頭語』(せっとうご)
『接尾語』(せつびご)

というものです。


接頭語は単語の前に引っ付いて、
意味を変化させる語。

接尾語は単語の後に引っ付いて、
意味および品詞を変化させる語。

・・・と説明されても難しく感じて
しまうかも知れないですので、少し
具体例を挙げてみたいと思います。



なお今回は『接頭語』についてお話し
ます。


接頭語で代表的なものに

"un"

というものがあります。


これは引っ付いた単語の意味を否定に
変えてしまう接頭語です。


例えば“easy”(簡単だ、たやすい)
に接頭語の“un”をひっつけると

"uneasy"(不安だ)

となります。

そんなに簡単じゃないよ、不安だよ、
という感じですね。


“able” ⇒ “unable” なんかも
同じで「できる」から「できない」に
意味が変わりますね。


こういった接頭語をいくつか覚えて
おくと、見慣れない単語が出てきた
ときに、

「unがついてるし否定っぽい意味に
なる語かな?」

なんて予測も立てやすくなります。
一気に単語の幅が広がりますね。


他にもたくさんの接頭語がありますの
で興味がある人は調べてみてください。


では次回は『接尾語』についてお話を
したいと思います。


★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

暗記のコツ(英単語編C)〜接尾語〜

1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップするのですが・・・

任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な
川村明宏教授の記憶術!

その秘密はこちら↓から!
http://katekyo.main.jp/s/kioku/



前回接頭語のお話をしました。
今回は接尾語についてのお話です。

接尾語の代表的なものは"tion"や"ly"
などでしょうか。(もちろん他にも
たくさんありますが・・・)


"tion"は語尾について「名詞」を作り
ます。


例えば"create"(創造する)という
単語にひっつけると
"creation"(創造)になりますね。


つまり、上記どちらかの単語さえ覚え
ておけば、もう片方は予測できるとい
うことになります。

接尾語を知っておくことでひとつの
単語に関連のある語をセットでいくつ
か覚えることが可能になります。
まさに一石二鳥。


同様に"ly" は語尾について
「副詞」を作ります。

副詞は文の要素(SVOC)に含めないの
が普通ですから、この"ly"のついた
単語は要素としてカウントしない
=修飾語であると意識することもでき
ますね。このあたりは英文を読むとき
にも必要な知識です。

(※ここに書かれてあることがよく
理解できないという人は5文型の復習
をしておいてください。)


接尾語は他にも色々ありますが、さす
がにたくさん書ききれないので
興味のある方は本屋でそれについて
書かれた本を探してみるといいと思い
ます。


<参考>
接頭語・接尾語に関するお勧め書籍

語源で覚える英単語3600
http://katekyo.main.jp/s/gogen/

この書籍は接頭語・接尾語のみならず
単語の語源についてわかりやすく書か
れており、単語の単純暗記が苦手だと
いう人にお勧めです。

ただ使い方としては、この本の単語を
暗記するということではなく、他の
単語帳を使いながら、必要なときに
この本を辞書的に使ってみるというの
がいいと思います。


以上で接頭語と接尾語についての話は
終わりです。単語暗記の際にはぜひ
参考にしてください。


★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。