大人のための勉強法 - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

大人のための勉強法


今日は大人のための勉強法というテーマで

お話したいと思います。



何かを勉強するというとき、基本的な取り組み方

は子どもでも大人でもほとんど同じです。


いろいろ工夫をしながら暗記をしたり、

覚えたことを確認するために問題を解いたり、

また、忘れそうなことをノートにまとめたり・・・

と、大きな違いはないわけです。


ですから、学生の間に効率的な勉強法を身につけて

おくことができれば、それはそのまま大人になっても

役立つと言う事ができます。



このように、勉強のやり方自体は子どもも大人も

ほぼ変わらずといった感じではありますが、

実は勉強に関して、子どもと大人ではとても大きく

異なることも存在しています。



それは何かというと、

「勉強することを選べるか、選べないか」

というところです。



子どものうちは、学校に通って勉強する内容と

いうのは、みんな同じで決められています。

それに対して大人になると、自分自身で、

自分に足りないことを勉強することができると

いうわけです。


自分で好きなことを選んで勉強できる。


この表現だけを聞くととても良いことのように

感じますが、実はここで失敗してしまっている

大人がたくさんいることも事実です。



大人の勉強に関しては、学校のように決められた

教材があるわけではなく自分で選択する必要があります。

そしてその選択を間違えてしまう人がたくさんいると

いうことなんです。



例を挙げると、

「ビジネスで成功したいと思うから、成功者の本を読んで

勉強する。」

という人がいます。



これって正しいようで正しくありません。

ただ場合によっては正しいこともありますから、

正確には△くらいでしょうか?



当たり前ではありますが、

ビジネスで成功したいと思っている人は、

現在はきっと成功できていない人です。


そんな人が勉強すべきなのは、成功者の

体験談とかストーリーとかではなく、

自分自身が成功できない原因となっている

部分を克服する方法であるはずです。



何となく成功したいから、何となく成功者の本を

読むというのでは、正しい勉強にはなっていないわけ

です。



自分の弱点を明確にし、それを克服するための

情報やアイデアを得る勉強をするのが、

大人が成長するための勉強法であると言えます。



ちなみに、これからの時代、

大人がビジネスで成功しようと思ったときに

勉強しておいた方がよいと思われるスキルが

3つあります。



1つ目は「パソコン力」。

もっと言うと、スマートフォンやタブレットなどを

使いこなせるスキルがあるかないかで、

この先大きく差がつくことになると思います。



2つ目は「人を動かす力」。

これはコミュニケーション力とも関係が深い力です。

成功できる人は必ず人を動かすことができています。

逆に成功できない人は自分ひとりで全てを抱え込んで

しまう人です。



3つ目は「集客力」です。

1つ目のパソコン力とも関係しますが、これからは

インターネットを使いこなして集客できる個人や企業が

生き残る時代です。

ここに乗り遅れるとビジネスでは絶対に勝てません。


これからビジネスで成功したいと思っている人は、

絶対にこれらについて勉強しておくべきだと思います。



そしてどれか一つでも不安だなと思う人は、

こちらのサイトをご覧になってみることをオススメします。

隅々までお読みください。たくさんのヒントが

ちりばめられています。


http://bit.ly/15jn0Jp



少しでも参考になれば幸いです。


このブログの順位は?(一日一クリックお願いします!)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。