センター試験の勉強法 - 勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

⇒暗記の苦労から開放される?!世界一の記憶術

 

センター試験の勉強法・勉強のコツ(1)〜過去問の使い方〜



==============================
★読む前に応援クリックお願いします!★


教育・学校 ブログランキングへ

==============================

■今からでも間に合う!これまで誰も
教えてくれなかった、センター試験の長文問題で
9割以上を得点する方法!!!
http://bit.ly/W2rxMv



さて今回は試験日まであと1ヶ月を切った

『センター試験』
の勉強法についてお話します。


この時期になるとセンター試験を受験する多くの人は
『過去問』に取り組むと思います。


ただその過去問の解き方、使い方によっては、
試験日までの貴重な時間を単に無駄遣いしているだけに
なってしまう可能性もあります。


そこで今回から数回にわたって


【こんな過去問の使い方はNG】


というものを紹介したいと思います。

 

ちなみにこれらはセンター試験のみならず、
他の試験にも当てはまることになりますので、
センター試験を受けないという人(中学・高校受験生、私大受験生)も
参考にしてください。
 

---------------------------------------
その1:目的を考えずに解くのはNG!
---------------------------------------
これは


「今は過去問を解く時期だから。」
「みんなもう過去問をやっているから。」


と、周りに合わせて、ただ何となく解かなければ
ならないんじゃないかと思って解いている
という状態だとダメだということです。


確かに今は過去問を解く時期かも知れません。
ただ、それは


【何のために解いているのか?】
【過去問を解くことで、何を得ようと思っているのか?】


その部分、つまり過去問を解く目的をはっきりさせないで解いていても
十分な効果は期待できません。


ちなみに
「入試本番でいい点を取るため!」
というのは、目的として漠然としすぎています。


入試本番でいい点を取るためなのは当たり前です。
ただいい点を取ることを目指すのであれば、
過去問を使うよりも他にやるべきことがあるかも知れません。


そんな中であえて過去問を使うのはなぜか?何のためか?
それをしっかり考えて、その目的にあった使い方をする必要があります。


さて、あなたは過去問をどんな目的で解いていますか?


次回その目的についてお話しますので、それまでに
自分なりの回答を出しておいてください。











★ランキング参加してます!★
★応援クリックお願いします!

banner_02.gif  にほんブログ村 教育ブログへ

勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

センター試験の勉強法・勉強のコツ(2)〜過去問と解く目的は?〜



◇任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な川村明宏教授の本です!

実は1日7分○○するだけで記憶力が大幅にアップするのですが・・・


その秘密はこちら↓から!


川村明宏のジ-ニアス記憶術
http://www.infotop.jp/click.php?aid=203627&iid=27889



前回に引き続き

センター試験
勉強法についてお話します。
 
前回の宿題、


「あなたは過去問をどんな目的で(過去問)解いていますか?」


は考えてみてもらえたでしょうか?

 
過去問を解く目的として考えられるのは、

1.問題の傾向やレベルを知るため。
2.時間配分に慣れるため。
3.自分の現状(弱点)を知るため。

などがあります。


前回の記事にも書きましたが、


「今は過去問を解く時期だから。」
「みんなもう過去問をやっているから。」


と、周りに合わせて、ただ何となく過去問を解かなければ

ならないんじゃないかと思って解いているうちは、


『過去問を解くこと』


自体が目的になってしまっています。

当然それでは十分な効果は期待できません。


過去問を解いていることで勉強しているような

気になってしまっていませんか?
しっかりと、上記3つのような目的を意識しながら
過去問を使うことを心がけてください。


ただ、ここでもうひとつ注意しなければならない点があります。


それは、その目的によって過去問の使い方や取り組み方を

変えていかなければならないということです。


具体的な方法については次回お話したいと思います。


★ランキング参加してます!★
★応援クリックお願いします!

banner_02.gif  にほんブログ村 教育ブログへ  ブログランキング


ここでしか聞けない勉強法の話!

メルマガ : 『学校では教えてくれない勉強法
http://archive.mag2.com/0000207645/index.html



勉強法.com 〜正しい勉強法暗記のコツ TOPページへ

ブログパーツ 無料.com
勉強学習サイト人気ランキング>中学学習人気ランキング

◇キーワード
勉強法,勉強,暗記,勉強方,勉強のコツ,暗記のコツ,定期テスト,センター試験

センター試験の勉強法・勉強のコツ(3)〜出題傾向やレベルを知る〜



◇任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な川村明宏教授の本です!

実は1日7分○○するだけで記憶力が大幅にアップするのですが・・・


その秘密はこちら↓から!


川村明宏のジ-ニアス記憶術
http://www.infotop.jp/click.php?aid=203627&iid=27889



前回までに引き続き

センター試験
勉強法についてお話します。
 
 
さて前回は過去問を解く目的として

1.問題の傾向やレベルを知るため。
2.時間配分に慣れるため。
3.自分の現状(弱点)を知るため。

のような3つがあり、
そしてその目的によって過去問の使い方や取り組み方を
変えていかなければならない・・・
というところまでお話しました。
今回はその具体例についてです。


まず、


【1.問題の傾向やレベルを知るため。】


という目的で過去問を使用する場合ですが、

この場合は解き始める前にある程度の前知識を
頭に入れておくことをお勧めします。


その前知識とは、過去問集の前の方のページに書かれてある


『傾向と対策』


に関するページの内容です。

ここを読めば大体の出題傾向や難易度などの知識を
得ることができます。
 
このような知識をある程度知った上で解いてみることで

そこに書かれていることの確認となり、
傾向や難易度についてより深く理解することができます。


センター試験に関して言えば、河合塾から出ている

過去問題集(黒くて辞書のような厚さ)に載っている分析がお勧めです。
 
ちなみにこの目的で過去問を解くのは1回か2回くらいまで。


このときは頭から最後まで全ての問題に目を通すことが原則となりますが、

ただ解く時間についてはそこまで気にする必要はありません。
あくまで目的は 【問題の傾向やレベルを知るため】 ですので。
 
次回は、
【2.時間配分に慣れるため。】

という目的で過去問を解く場合についてお話します。


★ランキング参加してます!★
★応援クリックお願いします!

banner_02.gif  にほんブログ村 教育ブログへ  ブログランキング


ここでしか聞けない勉強法の話!

メルマガ : 『学校では教えてくれない勉強法
http://archive.mag2.com/0000207645/index.html



勉強法.com 〜正しい勉強法暗記のコツ TOPページへ

ブログパーツ 無料.com
勉強学習サイト人気ランキング>中学学習人気ランキング

◇キーワード
勉強法,勉強,暗記,勉強方,勉強のコツ,暗記のコツ,定期テスト

センター試験の勉強法・勉強のコツ(4)〜時間配分に慣れる〜



◇任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な川村明宏教授の本です!

実は1日7分○○するだけで記憶力が大幅にアップするのですが・・・


その秘密はこちら↓から!


川村明宏のジ-ニアス記憶術
http://www.infotop.jp/click.php?aid=203627&iid=27889




前回までに引き続き

センター試験

勉強法についてお話します。



過去問を解く目的として

1.問題の傾向やレベルを知るため。
2.時間配分に慣れるため。
3.自分の現状(弱点)を知るため。

のような3つがあり、

そしてその目的によって過去問の使い方や取り組み方を

変えていかなければならない・・・

というお話をしています。


今回は、


【2.時間配分に慣れるため。】

という目的で過去問を使用する場合について

お話します。



まず初期段階でやるべきは、

「どれくらいの時間があれば問題を解くことができるか?」

という今の自分のタイムを知ることです。


例えばセンターの英語に関してなら、

実際の試験時間は80分ですが、時間を気にせず解いてみると

全ての問題を解き終えるのに100分かかってしまった・・・という

ような感じです。



そしてこれを各大問ごとにも計ってみます。


すると、

大問1 → 10分
大問2 → 15分
大問3 → 20分
大問4 → 15分
大問5 → 15分
大問6 → 25分

合計  →100分

となったとしましょう。


このように、自分の今のタイムを知るというのが

まず第一です。


それができたら続いては『目標設定』を行います。

このままのスピードだと当然時間オーバーですから

どの大問を何分くらいで解くのかを考えなければなりません。


そしてそれぞれの大問の目標が決まったら、

今後問題を解くときにはその目標時間を目安に

解き進めるようにします。



このように大問ごとの目標時間設定ができていれば、

その大問ごとに区切って時間配分に慣れるための練習をすることもでき、

80分という時間をまとめて取らなくても済むようになります。

苦手な大問にだけ集中して取り組むこともできますね。


ただ、この時間配分に慣れる練習の際に

1つだけやって欲しくないことがあるのですが・・・



続きは次回お話したいと思います。



★ランキング参加してます!★
★応援クリックお願いします!

banner_02.gif  にほんブログ村 教育ブログへ  ブログランキング


ここでしか聞けない勉強法の話!

メルマガ : 『学校では教えてくれない勉強法
http://archive.mag2.com/0000207645/index.html



勉強法.com 〜正しい勉強法暗記のコツ TOPページへ

ブログパーツ 無料.com
勉強学習サイト人気ランキング>中学学習人気ランキング

◇キーワード
勉強法,勉強,暗記,勉強方,勉強のコツ,暗記のコツ,定期テスト

センター試験の勉強法・勉強のコツ(5)〜ストップウォッチは使わない〜



◇任天堂DS 『右脳を鍛える』 で有名な川村明宏教授の本です!

実は1日7分○○するだけで記憶力が大幅にアップするのですが・・・


その秘密はこちら↓から!


川村明宏のジ-ニアス記憶術
http://www.infotop.jp/click.php?aid=203627&iid=27889



前回までに引き続き

センター試験
の勉強法についてお話します。


過去問を解く目的として


1.問題の傾向やレベルを知るため。
2.時間配分に慣れるため。
3.自分の現状(弱点)を知るため。


のような3つがあり、

そしてその目的によって過去問の使い方や取り組み方を
変えていかなければならない・・・
というお話をしています。


前回から、


【2.時間配分に慣れるため。】


という目的で過去問を使用する場合についての話です。

 


さて、前回記事の最後にお伝えした、


「時間配分に慣れる練習の際にやって欲しくないこと・・・」


についてですが、

 
これはズバリ


『ストップウォッチで時間を計りながら解くこと。』


です。

 
時間を計りながらなんだからストップウォッチでいいじゃないか?
目標タイムをセットしてカウントダウンもできるし、それでいいのでは?


と、思われる方もいるかも知れませんが、

正直お勧めできません。
 
なぜか?


それは『試験本番ではストップウォッチは使えないから』です。


つまり、ストップウォッチを使いながら時間に慣れる訓練をしても、

試験には持ち込めないので、それで慣れても意味が薄いのです。
 
実際に皆さんが試験会場に持ち込むのはほとんどの場合『腕時計』ですよね。
本番ではそれをチラチラと見ながら、時間を意識しつつ解くはずです。


そしてそれはストップウォッチのようなデジタル式ではなく、

アナログの時計であることがほとんでではないでしょうか?


もうここまで書けばお分かりかと思いますが、

ストップウォッチ、特にカウントダウン機能などで練習すると、
その練習段階と本番とでギャップができてしまいます。
 
ですから、普段の練習段階から、できればセンター試験で使用するのと同じ
時計を用いて、感覚を慣れさせておくことがいいということになります。
 
以上が、
【2.時間配分に慣れるため。】
という目的で過去問を使用する場合についての話でした。
 
次回は最後の
【3.自分の現状(弱点)を知るため。】
についてお話したいと思います。






 

★ランキング参加してます!★
★応援クリックお願いします!

banner_02.gif  にほんブログ村 教育ブログへ  ブログランキング


ここでしか聞けない勉強法の話!

メルマガ : 『学校では教えてくれない勉強法
http://archive.mag2.com/0000207645/index.html



勉強法.com 〜正しい勉強法暗記のコツ TOPページへ

ブログパーツ 無料.com
勉強学習サイト人気ランキング>中学学習人気ランキング

◇キーワード
勉強法,勉強,暗記,勉強方,勉強のコツ,暗記のコツ,定期テスト


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。