勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ〜

オススメ勉強法教材

東大にも司法試験にも合格! → ユダヤ式記憶術

⇒定期テスト対策にはこれが効く! 

 

勉強する時間がない、が口癖の人へ


今回は

『勉強する時間がない、が口癖の人へ』

というテーマでお話をします。



部活や習いごとなどが忙しく、なかなか
勉強する時間がとれないと言う人がいます。


確かに部活をやっていない人や習い事を
していない人と比べると勉強に充らてれる
時間は短くなってしまうかも知れないです
が、本当にそこまで時間がないという状態
なんでしょうか?



時間がない・・・



と言っている人の中には、部活や習い事を
やっていることを、勉強時間がとれない
「言い訳」にしてしまっている人がいます。


部活や習い事をやっているから勉強時間が
少なくなっても仕方がないと、自分にも
他人にも言い聞かせているような感じです。



そういう人も実際には、自宅に帰ってから
何かとダラダラしていたり、テレビを見た
り、ずっとスマホを触っていたり・・・。


結局のところ使える時間を上手に使えて
いないということに気づかなければなりま
せん。


時間がないという人は、まず自分の時間の
使い方を振り返ってみてください。


オススメなのは『タイムログ』を作って
みることです。


タイムログとは、その日の時間の使い方を
細かく記録してみるものです。


例えば、何時に起きて、そこからご飯に
何分使って、学校から帰ったら何時から
何時まではテレビを見て、それからお風呂
に入って、ここで勉強して、この時間に
就寝、といったようなものです。


いちいち記録する必要があるので面倒では
ありますが、このタイムログを作ってみる
と、自分の1日の時間の使い方を客観的に
見ることができます。


そうすることで、無駄に使ってしまって
いる時間や、より効率よく使える時間など
を見つけることができるはずです。


上にも書きましたが、自分は部活や習い事
をしているから、

『自分は忙しい』

と勉強時間を作ることをあきらめていませ
んか?


以下は、安部総理のある一日のスケジュー
ルです。(一部省略)


▽8時41分 私邸発。

▽9時3分 官邸で閣議

▽9時53分 A氏と対談

▽11時   B氏らと対談

▽14時12分 C氏らと対談

▽15時3分 D氏らと対談

▽15時59分 E氏らと対談

▽16時33分 F氏らと対談

▽17時19分 G氏らと対談

▽18時34分 H氏らと対談

▽20時1分 I氏らと対談

▽21時58分 私邸着。


見てもらえればわかりますが、1分単位で
スケジュールが組まれています。

これが本当に忙しい人、時間がない人の
過ごし方です。



部活や習い事は勉強できない理由にはなり
ません。

自分と同じように部活や習い事をしていて
も、きちんと時間をとって勉強できている
人もいるわけです。


言い訳をするのは今日で終わりにして、
どうすればもっと時間がとれるようになる
のかしっかり考えてみましょう。

★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

勉強ができるようになるルール


今回は

『勉強ができるようになるルール』

というテーマでお話をします。



今回は、それなりに勉強しているのに
成績が上がってないという人に心がけて
欲しい勉強のルールについてお話します。


勉強をそれなりにがんばっているのに成果
が出ない人の中には、


【単語を書いたり、問題集を解いたりは
するけど、ただそれをやっているだけ。】


という人が多く存在します。



どういうことかと言うと、
単語を書いたり問題集を解いたりすること
で勉強をやった気になってしまっている
ということですね。



もちろんここまでそのようにやってきて
成果が出ていればそれでOKです。


ただ、もしそうじゃないのであれば、
普段の勉強に1つだけ新しいルールを
付け加えてみてもらいたいと思います。



そのルールとは、

『勉強後に必ずテストをしてみる』

というものです。



単語を書いて覚えたならば、
覚え終わった最後に自分で単語テストを
やってみる。


問題集を解き終わったならば、
その問題集の中から適当に問題を選んで
テストをしてみる。

または別の問題集の同じ範囲を少しだけ
解いてみる。

・・・などです。


テストのやり方は自分なりに工夫をして
みてほしいと思いますが、もし自分でする
のが難しいようであれば、誰かにテストを
出してもらうのもいいですね。



とにかく、このように

『勉強後に必ずテストをしてみる』

というルールを徹底することで、覚えたと
思っていたけど覚えきれていなかったもの
や、問題集を解いただけで、できるように
なっていなかった問題などに気づくことが
できます。



いくら長時間勉強しても、それが身につい
ていなければ意味がありません。


「本当に意味ある勉強ができているのか?」


それを確認するためには、上記のように
勉強後にすぐテストをしてみるのが一番
です。

そしてそれを毎回の勉強後のルールにして
みてください。



面倒だな・・・と思うかもしれません。


でも、勉強ができる子たちの多くはこれを
実践しています。


いつもの勉強にちょっとしたルールを
加えるだけで大きく成果が変わってくると
思いますので、ぜひ実践してみてください。


★今回の記事はいかがだったでしょう
か?ぜひ投票クリックお願いします!


「参考になった!」
http://katekyo.main.jp/s/click1/

「ふ つ う」
http://katekyo.main.jp/s/click2/

「あまり参考にならなかった…」
http://katekyo.main.jp/s/click3/


(※ランキングページに飛びます。)



追伸:

テストで点が取れる勉強法満載の
メルマガはこちら↓から登録できます
http://katekyo.main.jp/s/meru/


定期テストで点を取る勉強法
今すぐ知りたい!
そう思う人はこちら↓をチェック!
http://katekyo.main.jp/s/testtaisaku/



<PR>
1日たった7分、○○するだけで
記憶力が大幅にアップ!
アメリカで特許を取得した川村教授の
記憶術はこちら↓
http://katekyo.main.jp/s/kioku/





勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ

わかったのにわかってない? 〜わかったつもり〜



今回は

『わかったのにわかってない』

というテーマでお話をします。



勉強ができるようになるには、


わからない ⇒ わかる


という流れが絶対に必要です。



そして、勉強が苦手な人というのは、
この流れが上手に作れていないことが
多いわけです。



良くあるのは、


わからない ⇒ わかったつもり


というケースですね。
実はこれが一番やっかいです。


なぜやっかいなのか?


それは、やっている本人が
「わかったつもり」だと気づけていない
ことが多いからです。

そして、この状態ではいくらやっても
テストで点が取れるようにならないため、

「がんばってるのに点が上がらない…」

と、どんどん自信を失ってしまいます。



そうならないためにも、勉強をするとき
には、正しく


わからない ⇒ わかる


という流れが作れているかを確認しながら
進めることが大切になります。



じゃあ、具体的にはどのようにすればいい
のか?



例えばですが、何かの問題集を解いていて
1問間違えたとしましょう。

答えや解説を見て、それで直して終わり、
という人もいると思いますが、それだと

「わかったつもり」

の状態かもしれません。


ここでやってほしいことは、間違えた問題
の解き方や考え方を誰かに解説してみる
ことです。


・その問題を解くときのポイントは?
・その問題を解くのに必要な知識は?


などを、誰かに解説できる状態になって
いれば、それは


「わかる」


状態だといえます。



もちろん間違えた問題全てを誰かに解説
するのも手間がかかると思いますし、
それを聞いてくれる人も周りですぐに
見つからないかも知れません。



ですから、実際に誰かに解説をするという
ことじゃなくても、例えば、


・自分の1学年下の後輩
・自分より勉強が苦手な友だち


などに勉強を教えるつもりで、ブツブツ
その場で言ってみるのもいいと思います。



そういう他人に対して説明ができるレベル
までいけてない問題は、おそらくわかった
つもりで止まってしまっている可能性が
高いですから、学校の先生や塾の先生など
に質問に行って、しっかり理解できるよう
にしておきましょう。


「わかったつもり」


で終わらない勉強を心がけてください。


★学校では教えてくれない勉強のコツが学べる!
テストで点数アップ者続出中の無料メルマガ登録はこちらから!

★定期テストで点を取る秘訣はこちらから!



★今回の記事が少しでも参考になれば★
★1クリックお願いします!★





<PR>

たった1日6分で記憶力アップ!世界一の記憶術
あなたの勉強法は間違っていませんか?成績アップ保証つき!



勉強法.com 〜正しい勉強法と暗記のコツ TOPページへ





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。